Support

Press Release

ニュアンス、視線検出を統合した対話型AI、 スマートホームやバーチャルアシスタントとの高度な相互運用性などの

Dragon Driveの新機能を発表 〜車内外のユーザーエクスペリエンスのギャップを埋める運転体験により、 未来のクルマのイノベーションを実現〜

 

ニュアンス・コミュニケーションズ(以下ニュアンス)は、1月9日からラスベガスで開催中のCES 2018で、同社が開発するコネクテットカー向けプラットフォーム、Dragon Driveの人工知能(AI)を活用した新機能を発表しました。新機能では、対話型人工知能と視線検出などの非言語モダリティの緊密な統合により、ドライバーは車外にある対象物を見るだけで情報を得ることができるだけでなく、スマートホーム、バーチャル・パーソナル・アシスタントおよびボットなどの音声アシスタントとの相互運用性をさらに強化しました。また発話ボタンを押したり、ウェイクアップ・ワード(対話開始のための音声キーワード)を使うことなく車載アシスタントを起動させる「Just Talk」機能なども提供しています。ニュアンスのAI搭載Dragon Drive の革新的な新機能は自動車のインテリジェンスおよび自動運転技術部門でCES 2018 イノベーション・アワードを受賞しました。

 

Dragon Driveが提供するAI機能搭載対話型車載アシスタントは、ドライバーの音声指示を理解して適切に応答する、AI搭載コネクテッドカー体験の実現を可能にしました。Dragon Driveはドライバーや乗客のニーズや好みを理解・学習し、エンターテインメント、ナビゲーション、POI(ポイント・オブ・インタレスト、関心地点)、ニュースフィード、冷暖房などの車載機能へのアクセスを含む、パーソナライズされたユーザーエクスペリエンスを提供します。Dragon Driveの新機能は、下記の通りです。

 

マルチモーダルな使い方-対話型AIと融合された視線検出機能を活用し、ドライバーが車外の物体や場所を見て質問したり対話したりすることができます。例えば、ドライバーがあるレストランを見て、「あのレストランに電話して」や「あのレストランの評価は?」と訊ねたり、「あの駐車場の駐車料金は?」と確認したりすることができます。Dragon Driveは施設情報に関するドライバーの質問に答え、実用的で人間のような応答を提供します。

 

認知アービトレーション機能による高度な相互運用性-スマートホーム機器や、ニュアンスがエンタープライズ向けに開発した「Nina」を含むバーチャルアシスタントとのシームレスなコミュニケーションを可能にし、また、他の一般的なバーチャル・アシスタントやサービスを利用し、ユーザーにより幅広いデジタル世界へのアクセス性を提供します。ドライバーは銀行口座間の送金、家庭の暖房、照明、セキュリティシステムの管理にいたるまで、さまざまな重要タスクを車内で管理できるようになります。

 

車載センサーと統合したAI機能-AIを自動車の主要機能に適用し、今までにないレベルのパーソナライズ化と文脈的に関連した結果の提供が可能です。例えば、雨が降っているときに「駐車場を探してほしい」とリクエストをした場合、Dragon Driveは言語情報だけではなく文脈上の情報も考慮し、ワイパーのセンサー情報から雨が降っていると推察し、駐車場リストから屋内駐車場を優先して提案します。

 

高度なマルチパッセンジャー対話機能- 声紋認証と高度な音声信号処理を活用することで複数の乗客の声を認識し、相互に干渉することなく車載アシスタントと同時に対話する事を可能にします。例えば、乗客の1人が「少し寒い」と言った場合、座席認識と声紋認証の機能のおかげで、Dragon Driveは特定されたユーザーの好みを適用して、関連ゾーンでのみ温度を調節し対応します。

 

Just Talk機能- 乗員がより迅速、自然かつ直感的にオートモーティブ・アシスタントと対話することを可能にします。Just Talk機能を使えば、ドライバーは発話ボタンを押したりウェイクアップワードを発話したりすることなく、人間と会話する時と同じ要領で、車載アシスタントとの会話を始められます。

 

ニュアンスのオートモーティブ事業担当シニア・バイスプレジデントであるアーンド・ヴァイル(Arnd Weil)は、次のように述べています。「コネクテッドカーや自動運転車の実現が近付くにつれ、クルマは急速に主要なAIプラットフォームになりつつあります。対話型AIを車載センサーやデータと組み合わせて活用することで、ニュアンスは車載アシスタントの認識力、理解力、そして究極的にインテリジェンスを向上させ、ドライバーにとって真に包括的でシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供することができます。」

 

Dragon Driveは現在、トヨタ、アウディ、BMW、ダイムラー、フィアット、フォード、GM、ヒュンダイ、SAICなど2億台以上の自動車に搭載され、40以上の言語でユーザーエクスペリエンスを提供しています。コネクテッドカーのインテリジェンスを向上させるDragon Driveの詳細についてはDragon Drive on nuance.com(英語)をご覧ください。ニュアンスのコネクテッドカープラットフォームDragon Driveは、2018年1月11日までCES 2018の同社デモ会場にて展示しています。

 

 

 

 

 

ニュアンス・コミュニケーションズについて

ニュアンス・コミュニケーションズは、世界中の企業や消費者の皆様に音声および言語に関するソリューションを提供するリーディング・プロバイダーです。ニュアンスの技術、アプリケーションおよびサービスは、人々がデバイスと対話する方法を変えることで、ユーザーエクスペリエンスをさらに充実させます。ニュアンス・コミュニケーションズの実証されたアプリケーションは、多くのユーザーと企業に利用されています。詳細はhttp://japan.nuance.com/をご覧下さい。

 

※ニュアンスおよびニュアンスのロゴは、ニュアンス・コミュニケーションズ社またはアメリカ合衆国

および/またはその他の国に所在する子会社各社の商標または登録商標です。その他すべての会社名または製品名も、各所有者の商標である場合があります。

 

 

<お問い合わせ先>

アリソン・アンド・パートナーズ株式会社

ニュアンス・コミュニケーションズ広報担当  名倉/多賀/大塚

TEL:(03)6809-1300    FAX:(03)6809-1301 E-mail: nuance_pr_japan@allisonpr.com