Support

Press Release

ニュアンスとAffectiva、感情を認識するAIオートモーティブ・アシスタントを共同開発

~ユーザーの認知や感情の状態を理解する、 業界初のインテリジェントなオートモーティブ・アシスタントを開発~

会話型AIイノベーションのパイオニアでリーディングカンパニーであるニュアンス・コミュニケーションズ(以下ニュアンス)と、感情認識AIの世界的リーダーであるAffectiva, Inc.(以下Affectiva)は、クルマのエクスペリエンスをさらに人間らしくするオートモーティブ・アシスタントの共同開発を発表しました。初のマルチキャビンAI検知ソリューションである「Affectiva Automotive AI」は、ニュアンスの会話型AI技術を応用したDragon Driveオートモーティブ・アシスタント・プラットフォームとの統合利用が可能となります。統合されたソリューションは、ドライバーと同乗者の表情と声から様々な認知的および感情的状態を理解し、その状況に最適な動作を行う、業界初のインタラクティブなオートモーティブ・アシスタント機能を提供します。

 

Affectivaの技術をDragon Driveに統合することで、オートモーティブ・アシスタントが検知し、対応できる文脈や感情、認知データの幅と深さが広がります。Affectiva Automotive AIは、表情から喜び、怒り、驚きなどの表現を、声からは怒り、没頭、笑いなどの状態をリアルタイムで測定します。また、Affectiva Automotive AIは認知的な負荷や怒りなどによる身体的あるいは精神的な注意散漫の状態を検知するだけでなく、あくび、まぶたの状態およびまばたきの回数等から眠気の徴候も指摘します。

 

ニュアンスのDragon Driveは、アウディ、ダイムラー、フィアット、フォード、GM、ヒュンダイ、SAIC、トヨタなどに採用され、40ヶ国語以上で2億台以上のクルマへ高度にカスタマイズされた固有のブランド・エクスペリエンスを提供しています。対話型AIを搭載したDragon Driveによって、クルマのユーザーはジェスチャーやタッチ、視線検知、自然言語理解(NLU)で強化された音声認識など、言語的および非言語的なモダリティに基づいて乗客との対話が可能になります。さらに今回のAffectivaとの提携により、感情と認知状態の検知機能が加わります。

 

ニュアンス・オートモーティブのエクゼクティブ・バイスプレジデント、ステファン・オルトマン(Stefan Ortmanns)は次のように述べています。「自動車メーカーは、コネクテッドと自動運転に対応した次世代オートモーティブ・アシスタントの実現に向け、有効性と効率性だけでなく安全性も強化する必要があります。ドライバーの感情の状態を認識し分析するAffectivaの技術を活用することで、車載HMIを革新し、ドライバーとOEMブランドをより強くつなぎ、オートモーティブ・アシスタントのエクスペリエンスをさらに人間らしくします。」

 

AffectivaのCEOで共同創業者のラナ・エル・カリウビィ博士(Dr. Rana el Kaliouby)は次のように述べています。「今日、我々は家庭のバーチャル・アシスタントであろうと、クルマのアシスタントであろうと、人々が技術との対話を求めるという大きな変化に直面しています。自動車メーカーとティア1サプライヤは、信頼性が高くインテリジェントで、人と同じような対話が可能なオートモーティブ・アシスタントを導入することでこのソリューションを手に入れることができます。これにより、短期間で競合製品との差別化をはかり、変化し続ける消費者の期待に応える重要な機会が得られます。ニュアンスとのパートナーシップを通じて、未来の交通安全や交通機関へ大きな影響を与えるうる次世代のHMIや会話アシスタントの開発に注力していきます。」

 

近い将来、Affectivaとニュアンスの統合ソリューションは、発話や表情の感情表現からドライバーや同乗者の感情や動作をさらに学び、理解するオートモーティブ・アシスタントを実現します。例えば、オートモーティブ・アシスタントが、声の調子からドライバーが幸せな気分であると判断すると、同じ感情表現で応答やリコメンドすることが可能となります。

 

将来、このソリューションは、特に自動運転車両が行き交う環境下での安全性に寄与することが期待されています。Affectivaとニュアンスの技術を活用したオートモーティブ・アシスタントは、眠気や注意散漫の兆しがある安全でないドライバーの状態を検知し、適切に対応することができます。半自動運転の車両では、運転中のドライバーに身体的または精神的に注意散漫の徴候がある場合には、アシスタントがクルマのコントロールを引き継ぎ、自動運転モードに切り替わる可能性もあります。ニュアンスとの今後の共同開発についての情報を含めた詳細は、Affectivaのブログをご覧ください。

 

Affectivaについて

MITメディアラボからスピンオフしたAffectivaは、複雑で微妙な人間の感情や認知状態を表情や声からの検知するAIソフトウェアのリーディング・プロバイダです。特許取得済みの感情認識AI技術には、機械学習、深層学習、コンピュータビジョン、音声科学といった技術が使われています。Affectivaは87カ国、700万人以上の人の表情を分析した世界最大の感情データリポジトリを構築しています。 Affectivaは、25%のFortune Global 500企業の広告、ビデオ、テレビ番組における消費者エンゲージメントのテストに使用されており、現在、主要自動車メーカー、ティア1サプライヤおよびテクノロジープロバイダーとともに、ドライバーのモニタリングやキャビンムードセンシング技術などの次世代の車載マルチモーダル・ソリューションに取り組んでいます。

 

ニュアンス・コミュニケーションズについて

ニュアンス・コミュニケーションズは、日常生活にインテリジェンスをもたらす、革新的な認知・会話型AIを提供する先駆的なリーダーです。同社は、言語を理解し、分析し、応答するソリューションを提供し、生産性やインテリジェンスの向上に貢献しています。

過去数十年にわたるAIの専門知識を活用し、全世界を通じて、医療、通信、車載、金融サービス、小売などの業界において何千もの企業/組織と協業し、パートナーとそのお客様の関係をより強固にし、より良い体験をお届しています。

詳細はhttp://japan.nuance.com/をご覧下さい。

 

※ニュアンスおよびニュアンスのロゴは、ニュアンス・コミュニケーションズ社またはアメリカ合衆国

および/またはその他の国に所在する子会社各社の商標または登録商標です。その他すべての会社名または製品名も、各所有者の商標である場合があります。

 

<お問い合わせ先>

アリソン・アンド・パートナーズ株式会社

ニュアンス・コミュニケーションズ広報担当  名倉/多賀/大塚

TEL:(03)6809-1300    FAX:(03)6809-1301 E-mail: nuance_pr_japan@allisonpr.com