Support

Press Release

ニュアンス・コミュニケーションズ、 「ボッシュ グローバルサプライヤーアワード」を受賞

対話型AIイノベーションのパイオニアとして業界をリードするニュアンス・コミュニケーションズ(以下ニュアンス)は、テクノロジーとサービスのグローバル・サプライヤーであるボッシュ・グループ(以下ボッシュ)より、オートモーティブ・アシスタント技術のサプライヤーとしての実績を認められ「モビリティ・ソリューション・ソフトウェア」部門において「ボッシュ グローバルサプライヤーアワード」を受賞しました。

 

ボッシュ・グループは、特に品質、コスト、革新性において優れた製品およびサービスを製造・納入した企業に対し、「ボッシュ グローバルサプライヤーアワード」を授与しています。16回目となる今回は、15カ国から47社が表彰されました。授賞式は、ドイツ・バイエルン州ブライヒャッハで開催されました。

 

今年のアワードは、「Transforming Together, Staying Ahead(共に変革し、先を行く)」をテーマとし、コネクテッド化とデジタル化が進む世界で成功するための強固で信頼できるパートナーシップの必要性を強調しました。ボッシュ グローバルサプライヤーアワードは、共同の未来を確保するためには、変化を受け入れ、デジタル変革を大幅に加速し、既存のビジネスを新たなチャンスに変えることが今まで以上に重要であることを認識するものです。

 

ボッシュのサプライチェーン・マネジメント部門代表、アンドレアス・ロイター(Andreas Reutter)氏は、次のように述べています。「ボッシュ グローバルサプライヤーアワードは、世界中の優れたサプライヤーに敬意を表するものです。受賞企業は、卓越したレベルの実績を残し、優れたパートナーシップ精神のもと、協力いただきました。技術的な専門性からロジスティクスの品質、そして企業の将来性のすべてを受賞企業は兼ね備えています」

 

ニュアンスのオートモーティブ部門エクゼクティブ・バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャーのステファン・オルトマン(Stefan Ortmanns)は、次のように述べています。「ニュアンスは、ボッシュと20年にわたるパートナーシップの実績がありますが、このたびトップクラスのグローバル・サプライヤーとして認められたことを大変光栄に思います。私たちは、お客様と密接なパートナーシップで協業することに誇りを持っており、ボッシュともこのフィロソフィーを共有しています。私たちは共に、今後のモビリティの発展に大きく貢献し続ける所存です」

 

 

 

ニュアンスの自動車向けソリューションは、25千万台以上の自動車に搭載され、40以上の言語でBMW、アウディ、ダイムラー、フィアット、フォード、GM、ヒュンダイ、上海汽車集団(SAIC)、トヨタなどの世界中の大手自動車メーカーに対話型のインテリジェントなユーザーエクスペリエンスを提供しています。コネクテッドカーのインテリジェンスを向上させるニュアンスの自動車向けソリューションについての詳細はこちらを、ニュアンスの最新情報についてはLinkedInをご覧ください

 

ニュアンス・コミュニケーションズについて

ニュアンス・コミュニケーションズは、日常生活にインテリジェンスをもたらす、革新的な認知・会話型AIを提供する先駆的なリーダーです。同社は、言語を理解し、分析し、応答するソリューションを提供し、生産性やインテリジェンスの向上に貢献しています。過去数十年にわたるAIの専門知識を活用し、全世界を通じて、医療、通信、車載、金融サービス、小売などの業界において何千もの企業/組織と協業し、パートナーとそのお客様の関係をより強固にし、より良い体験をお届しています。詳細はhttp://japan.nuance.com/をご覧下さい。

 

ニュアンスおよびニュアンスのロゴは、ニュアンス・コミュニケーションズ社またはアメリカ合衆国

および/またはその他の国に所在する子会社各社の商標または登録商標です。その他すべての会社名または
製品名も、各所有者の商標である場合があります。