グローバルプライバシー—データガバナンスプログラム

データガバナンスプログラム

クライアントは、患者や消費者のデータを責任持って取り扱うソリューションを提供する対話型 AI のグローバルリーダーとして、ニュアンスを信頼しています。 当社のクライアントが世界の全域でデータ保護要件に準拠できるようサポートするために真剣に取り組み続けます。 サウンドデータ・ガバナンスプログラムがデータ保護の中心にあるという現実を認識し、ニュアンスデータガバナンスプログラムは、組織全体でデータの生産、信頼性、トレーサビリティ、品質、整合性、開示、保護、使用を管理します。

当社プログラムの内容:

  • データオーナーシップと責任: ニュアンスが保持する各データセットには、関連システムまたはデータコーパスにアクセスできる人物を定義する責任を負い、セキュリティ要件、品質基準、および分類といったデータ定義に関する責任のある関係者を指すデータオーナーがいます。 データオーナーは、関連システムが処理するニュアンスのデータのカテゴリーを文書化するデータマップの維持、およびすべてのデータフローを確認する処理の適切な記録を作成する責任を負います。
  • 標準化されたポリシーと手順: ポリシーと手順は、事項に関する専門家により校閲を受け、データのプライバシー、保護、およびセキュリティを含めたデータガバナンスプログラム全体のさまざまな面に対応するよう調整されています。 ニュアンスの SME らは、データプライバシーと保護に関する法律の展開を密にモニタリングしており、ニュアンスの方針と手順は最新で矛盾がありません。
  • 一貫したデータ品質管理: 消費者データの整合性と品質を維持することは、当社の顧客期待に重要です。また、管理者および処理者としての法律と規制要件に適合していることも同様に重要です。
  • 変更の管理: ニュアンスは、新規あるいは実質的に変更のあった個人情報の収集、開示、あるいは使用に関して個人情報保護の影響評価を実施し、そのような処理が当社の契約義務の要件および法律のいずれにも適合していることを確認します。
  • データの評価とモニタリング: ニュアンスは当社の処理、手順、およびシステムを、決められた方法で定期的に評価し、業界基準を維持するために更新と改善が実装されていることを確認します。
  • トレーニングとコミュニケーション: ニュアンスは、最低でも年に一度、あるいは必要に応じて頻度を上げて、トレーニングを実施し、従業員がデータガバナンスに関連する自分の役割と責任を認識していることを確認します。

すべてのデータソリューションにおいて、クラウドベースあるいはオンプレミスでも、アクセスおよび管理を含め、データの個人情報保護の責任は共有されます。 当社のクライアントは、良好なデータガバナンス努力に対応するようにニュアンスのソリューションを設定し、適用可能な要件に従って組織内に方針を実装し、徹底する責任を負います。