なりすまし検知 - コンタクトセンター詐欺に対抗する生体認証ソリューション

密かに なりすまし、詐欺、ID 窃盗犯から離れる

最先端のマルチモーダル生体認証テクノロジーと的を絞ったなりすまし検知テクニックを活用しましょう。FraudMiner は、アカウントを乗っ取ろうとする犯罪者を正確に特定するため、不正行為に無防備な企業から不正行為を摘発する企業へと進化することができます。

なりすましを未然に防ぐ

FraudMiner は、正当な顧客を装った既知および未知の不正行為を発見し、コンタクトセンター、モバイルアプリ、ウェブサイトでの犯罪行為を阻止します。

企業や組織から情報を盗み出そうとする試みは、新しい犯罪者によるものも含め、日々発生しています。高度な声紋認証と新しい行動認証を使用した FraudMiner は、既知および未知の不正行為者を犯行が実行される前に特定します。また音声データを調べ、徹底した履歴検索機能にて、犯罪者の身元とパターンを明らかできるため、既知の不正行為者にフラグを立てたり、新しいタイプの不正行為を発見したりすることも可能です。

ニュアンスは、声紋認証における実績あるマーケットリーダーとして、不正行為対策と認証のための包括的で最先端の生体認証セキュリティソリューションを提供しています。このソリューションは、一般的なプラットフォームにてシームレスに機能するもので、直接的な経済損失を軽減することができます。

最新の資料を入手
コンタクトセンター詐欺に対抗する、なりすまし検知

Barclays ケーススタディ(事例)

Barclays の顧客体験の向上を声紋認証にて支援しました。

今すぐ入手

利点

統計情報

実績

60%

2016年にソーシャルエンジニアリングの被害を受けた企業の割合。

70%

同じ主体によって計画されたコールセンター詐欺の割合。

55%

オンラインバンキング、電子メール、ソーシャルメディアアカウントに同じパスワードを使用しているユーザーの割合。
特徴

完全なセキュリティソリューション

不正行為との戦いは、単に加害者を捕まえるということだけではありません。不正行為を防止し、摘発し、これに打ち勝つためには、徹底的な戦略が必要です。

FraudMinerは、録音された音声や変更された音声を含む100以上の異なる生体認証要素に対して、着信コールを分析します。継続的にユーザーを行動認証要素のスコアと照らし合わせてチェックし、盗んだ認証情報でログインし、コンタクトセンター担当者に対してソーシャルエンジニアリングを実施して情報を変更させた可能性がある不正行為者にフラグを立てます。さらにこのシステムは、不正行為対策チームがリアルタイムで介入できるように同チームに警告し、フラグを立てた不正行為者が再度コンタクトしてきた場合はすぐにその人物を特定します。

不正行為を防止するだけでなく、不正行為者を摘発します。ほぼすべての不正防止ツールは、外からの不正行為を回避することに集中しており、その結果、不正行為は何度も繰り返されることになってしまいます。FraudMiner は、不正行為を防止するだけでなく、不正行為者の逮捕と訴追を支援できる生体的証拠を提供することができます。

FraudMiner は堅牢で柔軟性があるため、小規模なチームでも多くの不正行為に対処できるようになります。性別検知、合成音声の検出、録音検出、リアルタイムのキーワード抽出など、多くの自動ツールにより、通話音声や録音音声の単語の特定のシーケンスを発見することができます。またこれらのツールだけでなく、さまざまなツールを駆使して、アラートのミスを最小限に抑えつつ、不正行為対応チームに適切かつ優先順位の高い警告を提供します。

 

 

リソース

データシート
ホワイトペーパー
その他

FraudMiner がどのように 犯罪者による顧客偽装を防ぐ のか、ご確認ください。

   日本