マルチモーダル生体認証ソリューション - より確かな生体認証セキュリティ、生体認証、顔認識

マルチモーダル生体認証の専門家になりましょう

マルチモーダル生体認証は、最も便利で安全な顧客認証を提供したい企業にとって、信頼できるセキュリティオプションになりつつあります。

認証における一つの選択肢

ここ数年で、マルチモーダル生体認証の普及が爆発的に増加しました。Opus Research によると、その数は2020年までに声紋だけで5億以上になると予測されています。人々は生体認証を使用することにますます抵抗感がなくなっており、企業はマルチモーダル生体認証にてセキュリティを向上させつつ顧客満足度も維持している現状を鑑みれば、この予測も頷けます。

マルチモーダル生体認証は、3つの面で企業にメリットをもたらします。まず、煩雑なパスワードを覚える必要がないことで、顧客体験が大幅に改善します。次に、従来の本人確認によりもセキュリティ性が向上し、ハッキングやデータ侵害を防止できます。さらに、多要素認証が可能になるため、最もリスクの高いトランザクションでもセルフサービスチャネルで遂行することができます。

最新の資料を入手
生体認証, バイオメトリクスセキュリティ, 生体認証セキュリティ

ホワイトペーパー「Biometric security」

なぜ金融機関がパスワードから生体認証に切り替えているのか、その理由に迫ります。

今すぐ入手

生体認証セキュリティ ビデオ

利点

統計情報

お客様は、より強力なセキュリティを求めています

2/3

データ侵害のうち、安全性の低いパスワードや盗まれたパスワードの悪用が原因であった侵害の割合。

85%

現在の自動認証に不満を持っているユーザーの割合。

特徴

トップクラスのマルチモーダル生体認証ソリューション

2013年、Apple は Touch ID 付きの iPhone 5s をリリースし、生体認証市場に革命をもたらしました。これにより、指紋認証を用いたアプリが可能になりました。Samsung と Android がすぐこれに続き、現在では何百万人ものユーザーが携帯電話の認証に指紋を使用しています。

声紋認証は、人の声をファイルに保存された声紋と比較することによって機能します。音声は、声紋に対して140以上の要素を分析します。この声紋は偽装や複製が不可能で、盗まれても再利用することはできません。声紋認証は、セルフサービスのアプリケーションの保護に適用できるほか、エージェントとの会話を聞きとることもできるため、認証が簡単になります。

声紋認証では、ユーザーが「私の声がパスワード」のようなパスフレーズを述べる、能動的な声紋認証が可能です。これにより企業は、アプリやウェブサイトに高度なセルフサービスのデジタルチャネルを構築することができるため、トランザクションを安全に処理することができます。また、コールセンターのエージェントとの会話を背後で「聞く」く受動的な声紋認証も可能で、この場合、お客様に何かを要求することなくわずか10秒程で認証を完了することができます。

 

顔認識では、ユーザーはその場で自分の写真を撮影し、その写真とファイル上の顔とを比較することになります。現在のシステムは、顔のわずかな差を克服することで高いレベルの信頼性を達成しています。また新しい技術では、不正行為者が写真を使用しているかどうかをシステムが簡単に判断できる生体検知が可能になる予定です。

タイプの仕方、マウスの使い方、さらにはタスクに対しての中断の仕方など、行動のパターンからユーザープロファイルを作成し、対象のプロファイルと比較します。これは継続的な認証に優れており、ユーザーを常にプロファイルと比較してセッションを乗っ取られないようにすることが可能です。

網膜スキャンは、人の網膜血管の独特のパターンをファイル上のデータと比較する生体認証技術です。このパターンは一卵性双生児でも異なっています。網膜スキャンには、現在は特殊なハードウェアが必要ですが、この処理を一般的な携帯電話カメラで可能にするための取り組みも大幅に前進しています。

歩き方、呼吸の仕方、匂いの認識方法などすべてを、認証に使用できます。これらのモダリティのいくつかは将来的に主流になる可能性がありますが、大部分はまだテスト段階にあります。

現在のアプリケーション

生体認証, バイオメトリクスセキュリティ, 生体認証セキュリティ
生体認証, バイオメトリクスセキュリティ, 生体認証セキュリティ
生体認証, バイオメトリクスセキュリティ, 生体認証セキュリティ
生体認証, バイオメトリクスセキュリティ, 生体認証セキュリティ

ニュアンスの声紋認証に関するお客様の声

ニュアンスのマルチモーダル生体認証について、ご説明します。

   日本